XELOX療法 第8クール目&CT結果発表(No.56)


●2017年3月9日
XELOX療法8クール目スタート。最終クールです!!

昨日の診察は、8クール目受けられるか(血液検査クリアできるか?)のいつものドキドキ以上に
術後半年のCT検査結果(2/13)を聞くドキドキもあり、診察室に入るまで何とも言えない気分でした。

主治医「調子はどうですか?(いつも通りのセリフ)」
私「前回同様、そんなに悪くないです」
主治医「検査結果もよかったですよ」
私「2週間休薬してよかったです」
主治医「あ。CTの結果の方です・・・」

え?? そんなアッサリと。
私はてっきり、血液検査クリアの話かと・・・

主治医「血液検査は・・・うーん・・・今日はやめておきますか。」
結果は、白血球29(基準値38-85)、血小板8.2(基準値16-41)、好中球数1186。
あら。全部前回より悪い。しかも血小板8.2は自己最低記録更新!
そりゃ、NG出しますよね・・・

私「でも先生、私すごく元気ですよ。元々低いし・・・今回でとりあえず最後だし・・・
  来週末に娘の卒園式があるから今日受けたいです!」
とダメ元でゴネてみました。
主治医「・・・」(PCにカタカタ入力。)
横から覗いてみると「本人は元気と言っているので・・・」
言い訳とともにGoサイン出してくれました!ありかと~先生!!
主治医「うがい、しっかりしてくださいね!」

先ほどスルーされたCTの結果についても改めて聞いてみました。
(チラッと見えた画面のコメント欄に色々書かれてたので)
「一つ一つ気づいた点を挙げて、それについて問題ない、という説明が書かれているから大丈夫ですよ!」と。
詳細聞きたかったけど、まぁ大丈夫というなら。

それより、数週間前から右腹下部に少し膨らみがあり、その事を相談。
ベッドに横になって腹部を出したところ・・・
あれ?昨日の夜はあったのに・・・なぜかいなくなってました。
主治医も触診で問題ないし、CTも問題なかったから大丈夫でしょう!と。
(でも、夜シャワー時に確認したらまた復活してました。横になるとわかりにくくなったのかな。
 CT受けたのは4週間前だしなんか不安・・・)

処方は前回同様。
・オキサプラチン(120ml)
・ゼローダ(朝・夕各5錠×2週間)
・デカドロン(2日目・3日目のみ 朝・夕各4錠)

今回の副作用(当日~2日目朝)
・血管痛 腕はあがるレベルの痛み。
・悪心 今のところなし。
・喉の違和感 いつもの固いものが喉に詰まった感じ、ほとんどなし。
・耳下痛 当日夜少々。翌日朝食時にも少々。でもないも同然の軽さ。
・手指のヒリヒリ こちらは相変わらず冷たいもの触るとダメです。
・睡眠 今回も11時~3時頃までベットの中で目がパッチリ。朝5時起きだったのに・・・
・背中、腰、胸の痛み ほとんどなし。

オキサプラチンを120mlにしてから、引き続きそんなに体調は悪くないです。
少し怠さはあるものの出社できるレベル。
でもこの白血球、血小板の数価で人混みに行くのは危険かと思い、お休みに。
(有給残数を考えると出勤したかったけど、感染症にかかったら1日の休み所じゃすまないだろうし)

今後の予定について確認しました。
・5月18日 定期健診(検査は血液検査のみ)
・8月 造影CT検査、定期健診(血液検査とCT結果)
 
 この後は、3か月毎の定期健診(血液検査)、6ヶ月毎の造影CT検査


画像は、恒例の病院近くのイタリアンでのピッツァランチ。
サラダ、ピッツァ(クァトロフォルマッジョ)、カフェラテにデザート(なめらかプリン)。
いつも言い訳しながら食べてます!
→治療前は特別!美味しいもの食べて気合いれて治療に臨むのです!!

でも次は、治療前ランチじゃなく、家族団欒で来れるかな。


e0359907_10122434.jpg

e0359907_10134235.jpg
e0359907_10123759.jpg
e0359907_10140481.jpg



[PR]
by nanausus | 2017-03-10 10:00 | 闘病日記 | Comments(0)